今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - LEDフラッシュライトを点灯(オン/オフ)と調整

スポンサーリンク

iPhone/iPadのLEDフラッシュライトを点灯(オン/オフ)する方法とライトの強さを調整する方法紹介します。

iPhoneには写真を撮影する際のフラッシュとして、LEDフラッシュライトが搭載されています。このフラッシュライトは写真撮影時以外にも点灯させることができます。

この機能を使えば、深夜自宅に帰ってきた時に鍵穴を探すのに困りません(LEDライトの代わりに使用)。また、停電時に懐中電灯代わりに使ったり……などなど挙げればキリがありませんが、とにかく便利なので、使い方を覚えておきましょう。

LEDフラッシュライトを点灯しっぱなしにすると、びっくりするほどはやくバッテリーが減るので、注意が必要です。

スポンサーリンク

LEDフラッシュライトを点灯(オン)

iPhoneの画面を下から上へなぞるようにスワイプします。

すると、このようにコントロールセンターが表示されるので

左下の「懐中電灯」マークをタップします。

すると、このように懐中電灯マークが白抜きに変わるとともに、LEDフラッシュライトが点灯(オン)します。

LEDフラッシュライトの強さを調整

懐中電灯マークをぐっと押すと(3D Touch)

このようなスライドバーが表示されるので

上にスワイプするとフラッシュライトが強く(明るく)

下にスワイプするとフラッシュライトが弱く(暗く)

なります。

LEDフラッシュライトを消灯(オフ)

先ほどの操作で点灯したLEDフラッシュライトを消灯する場合は、左下の「懐中電灯」マークをタップします。

すると、懐中電灯マークが元に戻るとともに、LEDフラッシュライトが消灯(オフ)します。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)