MENU

iPhone - カメラ機能を無効にする(ロック画面・ホーム画面)

iPhoneのカメラ機能をロック画面・ホーム画面で、無効にする方法を紹介します。

iPhoneのカメラ機能は「スクリーンタイム」を使って、無効にすることができます。

カメラ機能を無効にすると

[カメラ] [FaceTime] といったアプリ・アイコンが


ホーム画面からなくなります。

また、ロック画面からのカメラ起動もできなくなります。

何かしらの理由で [カメラが使えないiPhone] が必要……そんな場合は今回紹介する方法で設定しましょう。

カメラ機能を無効にする方法は?(禁止)

iPhone カメラ機能を無効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する


    ホーム画面から [設定] を起動しましょう。

  2. [スクリーンタイム] を選択する


    iPhone の設定です。[スクリーンタイム] をタップします。

  3. スクリーンタイムを [オン] にする


    [スクリーンタイムをオンにする] をタップします。


    スクリーンタイムの設定です。[続ける] をタップしましょう。

  4. 用途を選択する


    [自分用] [子ども用] のiPhoneのどちらかを選択します。ここでは [自分用] を選択しています。

  5. コンテンツとプライバシーを制限する


    [コンテンツとプライバシーの制限] をタップします。

  6. コンテンツとプライバシーの制限を [オン] にする

    1. [コンテンツとプライバシーの制限] を [オン] にし
    2. [許可されたApp] をタップします。
  7. 許可されたAppで、カメラを [オフ] にする


    許可されたAppの設定です。カメラを [オフ] にしましょう。

    これでカメラ機能が無効になります。

  8. ホーム画面のカメラを確認する

    ホーム画面のカメラを確認してみましょう。


    ホーム画面から [カメラ] や [カメラを使用するアプリ] がなくなります(非表示に)。

  9. ロック画面のカメラを確認する

    次は iPhone をロックして、ロック画面のカメラを確認してみましょう。


    ロック画面の [カメラ] はこのようにグレーアウトされ、無効になります。

これで iPhone カメラ機能を無効にする方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事