今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - コンテンツとプライバシーの制限(オン/オフ、スクリーンタイム)

スポンサーリンク

iPhone/iPad のコンテンツとプライバシーの制限する方法を紹介します。

ここではコンテンツとプライバシーの制限を「オン/オフ」にする方法とどのような項目を制限できるのか?という概略をみていきます。

iPhone/iPad - コンテンツとプライバシーの制限

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイムの設定です。

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップしましょう。

不適切なコンテンツをブロックします。

コンテンツとプライバシーの制限です。

スポンサーリンク

デフォルトでは「オフ(白色)」になっている

  • コンテンツとプライバシーの制限

を「オン(緑色)」にしましょう。

コンテンツは、次の項目を制限することができます。

  • iTunesおよびApp Storeでの購入
  • 許可されたApp
  • コンテンツ制限

プライバシーは、次の項目を制限することができます。

  • 位置情報サービス
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 写真
  • 自分の位置情報
  • Bluetooth共有
  • マイク
  • 音声認識
  • ……など

関連記事(一部広告含む)