MENU

iPhone - 特定アプリの使用時間を制限する方法 - スクリーンタイム

iPhone のスクリーンタイムを使って、特定アプリの使用時間を制限する方法を紹介します。

iOSデバイスではスクリーンタイムを使って、特定のアプリの使用時間を制限することができます。


アプリの使用時間を超えると……このように時間制限!という画面が表示されます。

ちょっと仕事や勉強に差し障るので、ゲーム・SNSの時間を制限したい!といった場合に便利な機能です。

特定アプリの使用時間を制限する方法は?

iPhone 特定アプリの使用時間を制限する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する


    ホーム画面の [設定] をタップします。

  2. [スクリーンタイム] を選択する


    iPhone の設定です。画面を下へスクロールし、[スクリーンタイム] をタップしましょう。

  3. [App 使用時間の制限] を選択する


    スクリーンタイムの設定です。[App 使用時間の制限] をタップしましょう。

  4. [制限を追加] を選択する


    App 使用時間の制限です。[制限を追加する] をタップします。

    App 使用時間の制限は毎夜午前0時にリセットされます。

  5. 制限するアプリを選択する


    制限したいアプリの [カテゴリ] を選択しましょう。

    カテゴリごとアプリを制限することもできます。


    制限したいアプリを選択し、[次へ] をタップします。

  6. 1日当たりの使用時間を設定する


    アプリの使用時間を設定し、[次へ] をタップします。

  7. 制限したアプリを確認する


    これでアプリの使用時間の制限は完了です。設定した制限を確認しましょう。

  8. 使用時間を超えたアプリはどうなる?


    1日の使用時間を超えたアプリのアイコンは少し暗くなり、砂時計マークが表示されます。


    制限時間を超えたアプリを起動すると [時間制限!] を表示され、アプリを使用することはできません。

    [制限を無視] をタップすると、制限を解除することができます。

これで iPhone 特定アプリの使用時間を制限する方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事