今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)

スポンサーリンク

iPhone/iPad にアプリをインストール・削除・課金するのを禁止する方法を紹介します。

他の人に iPhone/iPad を見られたり操作されたりするのを防ぐためには「iPhone/iPadに複雑なパスコード(パスワード)を設定」するのことが一番大切です。

しかし、家族で iPhone/iPad を使っている(共有している)場合にアプリの制限をしたい……といった場合は iOSの「スクリーンタイム」を使って、アプリのアプリのインストール・課金・削除を制限(禁止)するのがいいでしょう。

アプリのインストール・課金・削除を制限(禁止)

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイムです。

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

コンテンツとプライバシーの制限です。

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップしましょう。

「ストアからの購入とダウンロード」から設定しましょう。

  • インストール
  • Appの削除
  • App内課金

例えば、「インストール」をタップすると

スポンサーリンク
  • 許可
  • 許可しない

を設定することができます。

「許可しない」をタップすると

Appのインストールが禁止されます。

インストールを禁止すると

ホーム画面から「App Store」がなくなり、アプリがインストールできなくなります。

「Appの削除」を「許可しない」ように設定すると

アプリが削除できなくなり、移動のみになります。

「App内削除」を「許可しない」ように設定すると

App内課金が許可されなくなります。

関連記事(一部広告含む)