MENU

iPhone - アプリの課金を禁止する方法 - スクリーンタイム

iPhone アプリの課金を禁止する方法を紹介します。

他の人に iPhone を見られたり操作されたりするのを防ぐためには「iPhone に複雑なパスコード(パスワード)を設定」するのことが一番大切です。

しかし、家族で iPhone を使っている(共有している)場合にアプリの制限をしたい……といった場合は iOSの「スクリーンタイム」を使って、アプリの課金を制限(禁止)するのがいいでしょう。

アプリの課金を禁止する方法は?

iPhone アプリの課金を禁止する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する


    ホーム画面の [設定] をタップします。

  2. [スクリーンタイム] を選択する


    iPhone の設定です。[スクリーンタイム] をタップします。

  3. [コンテンツとプライバシーの制限] を選択する


    スクリーンタイムです。[コンテンツとプライバシーの制限] をタップします。

  4. [iTunesおよびApp Storeでの購入] を選択する


    [コンテンツとプライバシーの制限] を [オン] になっていることを確認し


    [iTunesおよびApp Storeでの購入] をタップしましょう。

  5. [App内課金] を選択する


    [App内課金] をタップしましょう。

  6. [許可しない] を選択する


    [許可しない] をタップします。

    これでアプリの課金が禁止されます。

これで iPhone アプリの課金を禁止する方法の解説は終了です。

iPhone の人気記事