今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法

スポンサーリンク

iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法を紹介します。

Dropboxなどのクラウドサービスを使って、写真/動画をMacに転送することもできますが

ここではiPhone/iPadとMacをLightningケーブルで接続し、転送する方法をみてきます。

iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)

それでは実際に転送(保存)してみましょう。

まずは iPhone/iPad と Mac を Lightningケーブルで接続しましょう。


接続したら

アプリ「イメージキャプチャ」を起動しましょう。


イメージキャプチャです。

画面の左上には接続したデバイスが表示されます(ここでは「iPhone7」)。


右側にはiPhoneで撮影した写真/動画の

  • サムネイル
  • 名前
  • 種類
  • 日付
  • ファイルサイズ
  • ……

などを確認することができます。

スポンサーリンク


読み込み先を選択しましょう。

デフォルトでは「ピクチャ」フォルダになっています。


写真/動画を読み込みましょう(転送しましょう)。

  • 読み込む
    選択した写真/動画を読み込みます。
  • すべて読み込む
    すべての写真/動画を読み込みます。

ここでは「すべて読み込む」をクリックしてみました。


すると、このように読み込みがはじまります。


「ピクチャ」フォルダをみてみると、このように写真/動画が転送(保存)されています。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)