iPhone - iCloud写真を無効化して削除 - iCloudの容量削減 - iPad

iCloud の写真を無効化して削除する方法を紹介します。

iPhone で撮影した写真やビデオを iCloud に自動保存するように設定していると……次第に iCloud の容量がなくなってきます。

iCloud の容量をアップグレード(有料)することもできますが、お金がかかりすぎるのはちょっと困る!

そんな場合は iCloud に写真を保存しないように(無効化)設定し、写真をiCloudから削除しましょう。

iCloud - 写真を無効化して削除

それでは実際に削除してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。「Apple ID」をタップしましょう。

Apple ID の設定です。「iCloud」をタップします。

iCloud の設定です。「ストレージを管理」をタップし

iCloudストレージです。「写真」をタップしましょう。

「無効化して削除」をタップしましょう。

iCloud写真のご利用を停止してiCloudストレージの空き容量を増やしたい場合は、iCloud写真をすべてのデバイスで無効にしてください。その場合、30日以内に写真とビデオをダウンロードしてください。

すると、次のようなポップアップが表示されるので

無効化して削除
これにより、iCloud写真は無効となり、iCloudに保存されているすべての写真とビデオが削除されます。この操作は、30日以内であれば取り消すことが可能です。

「写真とビデオを削除」をタップします。

あと30日で、iCloudに保存されている写真とビデオが削除され、ご利用のすべてのデバイスでiCloud写真がオフになります。

iCloud写真を無効化するとメールが届きます。

「30日以内にiCloud写真をダウンロードしてください。」という注意事項が記載されたメールです。しっかりとメールを読んで対応しましょう。

関連記事(一部広告含む)