Mac - クリップボード管理アプリ「CopyClip」 - コピー履歴を保存

Mac のコピー履歴(クリップボード)を保存・管理するアプリ「CopyClip」を紹介します。

Macアプリ「CopyClip」

まずは、こちらからMacアプリ「CopyClip」をインストールしましょう。

CopyClip - Clipboard History Manager

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2016 FIPLAB Ltd

mac-app-copyclip-01
インストールしたアプリ「CopyClip」を起動しましょう。

mac-app-copyclip-02
すると、「Thank you for downloading CopyClip!」というポップアップが表示されるので、「Close」をクリックしましょう。

mac-app-copyclip-03
ウィンドウ右下の「Launch CopyClip」をクリックします。

mac-app-copyclip-04
「CopyClip」が起動すると、メニューバーに「クリップ」アイコンが表示されるので、それをクリックしましょう。

mac-app-copyclip-05
すると、このようなメニューが表示されます。

mac-app-copyclip-06
一番上にある「Your clippings will apper here...」というところのコピー履歴が表示されます。

何かを適当にコピーしてみましょう。

mac-app-copyclip-07
すると、このようにコピー履歴が表示されます。

この状態で「コピー履歴をクリック」する、あるいは! ショートカットキー「Command + 数字」を押すとクリップボードのその項目がコピーされます。

mac-app-copyclip-08
「Clear」をクリックすると、コピー履歴が削除されます。

Preferences(設定)

mac-app-copyclip-09
「Preferences(設定)」をクリックすると

「Preferences(設定)」ウィンドウが表示されます。

mac-app-copyclip-10
「General」では、コピー履歴の数(Remenber)や表示する数(Display)を設定することができます。

mac-app-copyclip-11
また、次の設定も行うことができます。

  • Start CopyClip at system startup(Mac起動時アプリを起動)
  • Should record clips(クリップボードを保存)

mac-app-copyclip-12
「Exceptions」をクリックすると

mac-app-copyclip-13
ここの項目(アプリ)にチェックを入れると、そのアプリでのコピーしたクリップボードは保存されなくなります。

mac-app-copyclip-14
「1Password」などのパスワード管理アプリには必ずチェックを入れておきましょう

mac-app-copyclip-15
「About」をクリックすると

mac-app-copyclip-16
「FAQ」や「その他の情報」を確認することができます。

このように使いやすく便利なアプリなので、おすすめです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  7. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  8. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  9. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  11. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)