Macアプリ「メール」 - メッセージにリンク(URL)を追加する方法

Macアプリ「メール」のメッセージにリンク(URL)を追加する方法を紹介します。

アプリ「メール」では

mac-app-mail-add-link-01
このようにクリックするとそのページへジャンプする便利なリンクを追加することができるので、ここではその方法をみていきます。

「http://」といった URL の表記よりもメールを読むユーザーに優しいかもしれませんね。

Macアプリ「メール」 - メッセージにリンク(URL)を追加

それでは実際にリンクを追加してみましょう。

mac-app-mail-add-link-02
アプリ「メール」を起動し

mac-app-mail-add-link-03
上部アイコンから「新規メッセージ」を作成します。

mac-app-mail-add-link-04
新規メッセージです。

mac-app-mail-add-link-05
URL を直接貼り付けるとこのようになります。

mac-app-mail-add-link-06
上部メニュー「編集」→「リンクを追加」をクリックし

スポンサーリンク

mac-app-mail-add-link-07
表示される「このリンクのインターネットアドレス(URL)を入植してください」というポップアップに

mac-app-mail-add-link-08
URL を入力し、「OK」をクリックします。

mac-app-mail-add-link-09
すると、反転した URL が表示されるので

mac-app-mail-add-link-10
何か入力しましょう。この例では「こちら」と入力しました。

mac-app-mail-add-link-11
あとはメールの文章を作成・送信すれば、OKです。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)