今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Mac - Touch Bar(Control Strip)をカスタマイズする方法

スポンサーリンク

Mac の Touch Bar(Control Strip)をカスタマイズする方法を紹介します。

Touch Bar とは、MacBook Pro(Late 2016)から搭載された


キーボードの上の部分にあるタッチ操作のできる細長いディスプレイのことです。

Control Strip とは


Touch Bar の右端にあるボタン群のことで

アプリが起動中でも、常に Touch Bar からボタン操作することができます。

よく使うボタンをここに置いておくと便利ですね。


「<」をタップすると


このようにボタンを展開(拡げる)ことができます。

スポンサーリンク

それでは実際に「Control Strip」をカスタマイズしてみましょう。

Control Strip のカスタマイズ


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「キーボード」をクリックします。


「Control Strip をカスタマイズ」をクリックしましょう。


すると、このようなカスタマイズ画面が表示されます。

Control Strip には次のボタンを配置することができます。

  • 音量スライダ
  • Mission Control
  • Spotlight
  • 再生/一時停止
  • 音量スライダ
  • 消音
  • Siri
  • 通知センター
  • おやすみモード
  • スクリーンショット
  • 音声入力
  • 入力ソース
  • Dashboard
  • Launchpad
  • デスクトップ表示
  • スクリーンセーバ
  • 画面をロック
  • スリープ


Control Strip のデフォルトセットはこのようになっています。

  • 輝度スライダ(ディスプレイの明るさ)
  • 音量スライダ
  • 消音(ミュート)
  • Siri

カスタマイズ


カスタマイズにはドラッグ&ドロップを使います。

  • Touch Bar からボタンを削除
    Touch Bar からディスプレイにボタンをドラッグ&ドロップすると
  • Touch Bar にボタンを追加
    ディスプレイから Touch Bar にボタンをドラッグ&ドロップ


「完了」をクリックすると、カスタマイズ完了です。


例えば、このように「Control Strip」をカスタマイズすることができます。

スポンサーリンク

関連記事と広告