今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

Mac - ショートカット,グラブで Touch Bar のスクリーンショットを撮影

スポンサーリンク

Touch Bar のスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

Touch Bar とは、MacBook Pro(Late 2016)から搭載された

mac-touch-bar-screenshot-01
キーボードの上の部分にあるタッチ操作のできる細長いディスプレイのことです。

macOS Sierra 10.2.2 より、キーボードショートカット(ショートカットキー)やアプリ「グラブ」を使って Touch Bar のスクリーンショットを撮影することができるようになりました。

覚えておくと便利なので、ここではスクリーンショットの撮影方法をみていきます。

スポンサーリンク

ショートカットキー

Touch Bar のスクリーンショットを撮影するショートカットキーは

command + shift を押しながら 6

です。

それでは実際にスクリーンショットを撮影してみましょう。

ショートカットキー「command + shift + 6」を押すと

mac-touch-bar-screenshot-02
このようなスクリーンショットを撮影することができます。

アプリ「グラブ」

次はアプリ「グラブ」を使って、Touch Bar のスクリーンショットを撮影してみます。

mac-touch-bar-screenshot-03
「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」から

mac-touch-bar-screenshot-04
アプリ「グラブ」を起動します。

mac-touch-bar-screenshot-05
上部メニュー「取り込み」→「タイマーでTouch Bar」をクリックします。

mac-touch-bar-screenshot-06
すると、次のようなポップアップが表示されるので

10秒後にTouch Barのスクリーンショットを撮るには「タイマーを開始」をクリックしてください。

「タイマーを開始」をクリックします。

mac-touch-bar-screenshot-07
すると、10秒後にこのようなスクリーンショットが撮影されます。

スクリーンショットを保存する場合は

mac-touch-bar-screenshot-08
上部メニュー「ファイル」→「保存」からファイルを保存しましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告