Mac - Final Cut Pro のバックアップを削除する方法

final cut pro del backup

Mac の Final Cut Pro のバックアップを削除する方法を紹介します。

Final Cut Pro には、自動でバックアップを取ってくれる機能があります。ただ、バックアップはファイルサイズが大きく Mac の容量を圧迫してしまう場合があるので、ここでは不要になったバックアップを削除する方法をみていきます。

Final Cut Pro は、Apple が開発・販売している [ビデオ編集] のソフトウェアです。現時点では、macOS版しか販売されておらず、Windows版はありません。

Final Cut Pro のバックアップを削除する方法は?

Final Cut Pro のバックアップを削除する方法は次の手順です。

  1. [Finder] を起動する

    バックアップは Finder から削除することができます。[Finder] を起動しましょう。

  2. [ムービー] へ移動する

    mac final cut pro delete backup 01
    Finder の左メニューにある [ホーム] から [ムービー] フォルダへ移動しましょう。

  3. [Final Cut Backups] へ移動する

    mac final cut pro delete backup 02
    [ムービー] フォルダの中にある [Final Cut Backups] へ移動しましょう。

  4. [ライブラリ] を確認・移動する

    mac final cut pro delete backup 03
    Final Cut Pro のバックアップは [ライブラリ] ごとにフォルダ分けされています。削除したいバックアップのある [ライブラリ] を確認し、そのフォルダへ移動しましょう。

  5. [バックアップ] を確認する

    mac final cut pro delete backup 04
    バックアップは日時のファイル名になっています。削除したいバックアップを確認しましょう。

  6. [バックアップ] を削除する

    mac final cut pro delete backup 05
    不要なバックアップを選択し、[ゴミ箱へ入れる] を選択しましょう(削除しましょう)。

これで Final Cut Pro のバックアップを削除する方法の解説は終了です。

macOS の人気記事