iTunes - iPhone のバックアップを削除する方法 - Windows 11 / 10

itunes backup delete

Windows 11/10 に保存されている iPhone のバックアップを削除する方法を紹介します。

iPhoneのバックアップは、使用容量がかなり大きくなる場合があります。

delete iphone device backups 00
この例では、100GB近い容量が必要となっています。

バックアップには、写真や動画、アプリ……など、さまざまなデータが含まれるため容量が大きくなる傾向があります。そのため、Windows のシステムドライブが容量不足になっている……そんな場合は今回紹介する方法でバックアップを削除しましょう。

iCloud でバックアップしているので、iTunes のバックアップは不要! という方も削除しておきましょう。

iTunes - iPhone のバックアップを削除する方法は?

Windows 11/10 の iPhone バックアップを削除する方法は次の手順です。

  1. [iTunes] を起動する

    delete iphone device backups 01
    まずは [iTunes] を起動しましょう。

  2. 上部メニュー [編集] を選択する

    delete iphone device backups 02
    iTunes が起動したら、上部メニューの [編集] をクリックしましょう。

  3. [環境設定] を選択する

    delete iphone device backups 03
    表示されたメニューから [環境設定] を選択します。

  4. [デバイス] を選択する

    delete iphone device backups 04
    環境設定です。[デバイス] を選択しましょう。

  5. [iPhone のバックアップ] を削除する

    delete iphone device backups 05
    削除したい [iPhone のバックアップ] を選択し、[バックアップを削除] をクリックしましょう。

    delete iphone device backups 06
    「削除してもよろしいですか?」と表示されるので、問題なければ、[削除] をクリックします。

  6. バックアップの削除完了!

    delete iphone device backups 07
    これでバックアップ削除の完了です。[OK] をクリックします。

Windows 11/10 の iPhone バックアップを削除する方法の解説は終了です。

バックアップファイルを直接削除する

iPhone のバックアップファイルを直接削除する方法です。

  1. iTunes の [バックアップ] フォルダへアクセスします。

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup
  2. フォルダーを削除します。複数あるバックアップをまとめて削除する場合に便利な方法です。

    delete iphone device backups 11

  3. これで iPhone のバックアップを削除することができました。

    delete iphone device backups 12

iPhone の人気記事