iTunes - バックアップの保存先を確認・変更する方法 - Windows 11 / 10

iphone backup location

iTunes バックアップの保存先を確認・変更する方法を紹介します。

iTunes バックアップの保存先は、少し入り組んだ場所にあるので、ここでははその探し方とフルパスを紹介します。

また、バックアップの保存先を変更する方法も合わせて紹介します。

iTunes バックアップの保存先を確認する方法は?

iTunes バックアップの保存先を確認する方法は次の手順です。

  1. [ファイル名を指定して実行] を起動する

    ショートカットキー Win + R を押しましょう。

    その他のショートカットキーはこちらもあわせてご覧ください。
    Windows 11 ショートカットキーの早見表(まとめ)

  2. 名前に [%appdata%] と入力する

    itunes backup location windows 02
    ファイル名を指定して実行です。名前に [%appdata%] と入力し、[OK] をクリックしましょう。

  3. [Apple Computer] へ移動する

    itunes backup location windows 03

  4. [MobileSync] へ移動する

    itunes backup location windows 04

  5. [Backup] へ移動する

    itunes backup location windows 05

    itunes backup location windows 06
    iTunes のバックアップの保存先です。表示されているフォルダーが iPhone のバックアップ・データになります。

  6. バックアップの保存先のフルパスを確認する

    バックアッププの保存先のフルパスはこちらになります。

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

これで iTunes のバックアップの保存先を確認する方法の解説は終了です。

バックアップの保存先を変更する方法は以下で解説しますので、引き続きご覧ください。

iTunes バックアップの保存先を変更する方法は?

iTunes バックアップの保存先を次の場所へ変更する方法は次の手順です。

D:\Backup
  1. iTunes のバックアップ先へ移動します。

    itunes backup location windows a01

  2. フォルダー名を [Backup] → [Backup2] へと変更します。

    itunes backup location windows a02

  3. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動します。

    itunes backup location windows a03

    コマンドプロンプトについてはこちらをご覧ください。
    Windows 11 コマンドプロンプトを起動する

  4. 次のコマンドを実行し、保存先へのジャンクションを作成します。

    itunes backup location windows a04

    mklink /J "%APPDATA%\Apple Computer\MobileSync\Backup" "d:\Backup"

    itunes backup location windows a05

    これでジャンクションの作成は完了です。

  5. これで iTunes のバックアップの保存先を変更できました。

    itunes backup location windows a06

iPhone の人気記事