Mac - スクロールバーの表示・動作設定

Last Update:

Mac OS Xのスクロールバーの表示・動作の設定方法を紹介します。

mac-scroll-bar-01
コンテンツが縦に長い場合、ウィンドウの右端にスクロールバーが表示されます。

スクロールバーは「常に表示」されていますが、通常は非表示で「スクロール時にだけ表示」することもできるので、ここではその設定方法を紹介します。

また、スクロールバーのクリック時の動作設定も合わせ紹介します。

それでは設定方法をみてみましょう。

Mac - スクロールバーの表示・動作設定

mac-scroll-bar-02
Appleメニューから「システム環境設定」をクリックします。

mac-scroll-bar-03
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、「一般」アイコンをクリックします。

クリックすると一般設定が表示されます。

スクロールバーの表示

mac-scroll-bar-04
まずは「スクロールバーの表示」をみてみましょう。

  • マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示
  • スクロール時に表示
  • 常に表示

スクロールバーの表示は3つから選択することができます。おすすめの設定は「スクロール時に表示」です。

mac-scroll-bar-05
「スクロール時に表示」に設定すると、このように普段はスクロールバーが非表示になるので、画面が広くなります。少しだけですが。

mac-scroll-bar-06
スクロール時には、このようにスクロールバーが表示されます。

スクロールバーのクリック時

mac-scroll-bar-07
スクロールバーをクリックした時の動作設定をみてみましょう。

  • 次のページへ移動
  • クリックされた場所にジャンプ

お好みの動作を選択しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

デスクトップ関連の人気記事

  1. Mac - Dockにアプリケーションを追加/削除
  2. Mac - デスクトップにハードディスクのアイコンを表示/非表示
  3. Mac - Dockの表示設定をカスタマイズ
  4. Mac - メニューバーを自動的に隠す/表示する方法
  5. Mac - Dock をショートカットキーで表示/非表示(自動的に隠す機能)
  6. Mac - デスクトップの壁紙(背景画像)を変更
  7. Mac - メニューバーのアイコンを並び替え・削除
  8. Mac - スクロールバーの表示・動作設定
  9. Mac - デスクトップのファイル・フォルダを非表示に - コマンド操作
  10. Mac - スクリーンセーバーの設定方法
  11. Mac - メニューバーにバッテリーの状況を表示/非表示
  12. Mac - ウィジェットの追加インストールと削除
  13. macOS - デスクトップを整理(スタックをオン/オフ)
  14. Mac - Dashboard ウィジェットの使い方
  15. Mac - ウィンドウのアピアランスと強調表示色を変更

関連記事(一部広告含む)