今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - スタートメニュー(画面)の設定
  4. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Mac - スクロールバーの表示・動作設定

スポンサーリンク

Mac OS Xのスクロールバーの表示・動作の設定方法を紹介します。

mac-scroll-bar-01
コンテンツが縦に長い場合、ウィンドウの右端にスクロールバーが表示されます。

スクロールバーは「常に表示」されていますが、通常は非表示で「スクロール時にだけ表示」することもできるので、ここではその設定方法を紹介します。

また、スクロールバーのクリック時の動作設定も合わせ紹介します。

それでは設定方法をみてみましょう。

Mac - スクロールバーの表示・動作設定

mac-scroll-bar-02
Appleメニューから「システム環境設定」をクリックします。

mac-scroll-bar-03
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、「一般」アイコンをクリックします。

クリックすると一般設定が表示されます。

スポンサーリンク

スクロールバーの表示

mac-scroll-bar-04
まずは「スクロールバーの表示」をみてみましょう。

  • マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示
  • スクロール時に表示
  • 常に表示

スクロールバーの表示は3つから選択することができます。おすすめの設定は「スクロール時に表示」です。

mac-scroll-bar-05
「スクロール時に表示」に設定すると、このように普段はスクロールバーが非表示になるので、画面が広くなります。少しだけですが。

mac-scroll-bar-06
スクロール時には、このようにスクロールバーが表示されます。

スクロールバーのクリック時

mac-scroll-bar-07
スクロールバーをクリックした時の動作設定をみてみましょう。

  • 次のページへ移動
  • クリックされた場所にジャンプ

お好みの動作を選択しましょう。

関連記事(一部広告含む)