今日の人気記事

  1. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Mac - Spotlight(スポットライト)の使い方と設定

スポンサーリンク

Mac の Spotlight(スポットライト)の使い方と設定を紹介します。

Spotlight とは「アプリ」「フォルダ」「ファイル」「メール」「イメージ」「Webページ」……などのコンピュータの内容をあらかじめインデックスしておくことで、コンピュータ内をすばやく検索できる機能のことです。

あのファイルどこに置いたかなぁー? 忘れちゃった……といった場合に便利な機能なので使い方を覚えておきましょう。

Spotlight(スポットライト)の使い方

それでは Spotlight を実際に使ってみましょう。

mac-spotlight-01
メニューバーの右のほうにある「虫眼鏡マーク」をクリックすると、このように「Spotlight」が表示されます。

あるいは、ショートカットキー「control + space」を押します。

mac-spotlight-02
Spotlightのフォーム欄に検索したい文字列を入力すると(ここでは「pc」)、検索にヒットした「フォルダ」「ファイル」「メール」「イメージ」「Webページ」などが表示されます。これらの中から目当てのモノをクリックすれば、それが起動します。

慣れてくるとFinderよりも遥かに楽なので、便利ですよ!

Spotlightの設定

次はSpotlightの設定をみてみましょう。

mac-spotlight-03
メニューバーの「Appleマーク」をクリックします。

mac-spotlight-04
クリックするとAppleメニューが表示されるので、その中から「システム環境設定」をクリックします。

スポンサーリンク

mac-spotlight-05
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「Spotlight」アイコンをクリックします。

検索結果

mac-spotlight-06
クリックすると「検索結果」に表示する項目が表示されるので、表示したい項目にチェックを入れ、表示したくない項目からはチェックをはずします。

また、検索結果の表示順序を変更する場合は項目をドラッグアンドドロップで入れ替えることができます。

ショートカットキー

mac-spotlight-07
「Spotlinght メニュー」「Spotlight ウィンドウ」を表示するキーボードショートカットを設定することができます。

プライバシー

mac-spotlight-08
「プライバシー」をクリックします。

mac-spotlight-09
プライバシー項目では、Spotlightの検索から除外することができます。左下の「+」をクリックし除外するフォルダを選択すれば、OKです。

関連記事(一部広告含む)