Mac のバックアップ - Time Machine の初期設定

Mac のデータをバックアップするための Time Machine の初期設定方法を紹介します。

ここでは Western Digital の外付けハードディスクに Time Machine を設定し、Mac をバックアップしました。

Time Machine の初期設定

まずはMacにHDDを接続しましょう。


アップルメニューからから「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「Time Machine」をクリックします。


Time Machine の設定です。

「バックアップディスクを選択」をクリックし


バックアップディスクを選択し

スポンサーリンク


「ディスクを使用」をクリックしましょう。

バックアップを暗号化する場合は「バックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。


これでディスクの選択は完了です。

「空き容量 / 最大容量」を確認することができます。


ディスクを選択すると、「次回のバックアップ」のカウントダウンがはじまり


しばらくすると、バックアップがはじまります。

バックアップの進捗を確認することができます。

初回のバックアップは……やたらと時間がかかります……。


バックアップが完了しました。


次の項目を確認しておきましょう。

  • 最古のバックアップ
  • 最新のバックアップ
  • 次回のバックアップ

Time Machine関連の人気記事

  1. Mac - Time Machine の使い方と設定
  2. Mac - Time Machine のバックアップからシステム全体を復元
  3. Mac のバックアップ - Time Machine の初期設定
  4. Mac - Time Machine バックアップを削除
  5. Mac - Time Machine でバックアップしたファイルを復元
  6. Mac - 移行アシスタント - Time Machine のデータを移動
  7. Time Machine - バックアップ・スケジュールを設定 - アプリ「TimeMachineEditor」
  8. Time Machine のバックアップを他の Mac で復元・ブラウズ
  9. Mac - Time Machine 今すぐバックアップを作成
  10. TimeMachine - ローカルスナップショットの削除と作成 - Macアプリ「OnyX」

関連記事(一部広告含む)