今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法

macOS - ディスプレイをオフにするまでの時間を設定

スポンサーリンク

macOS のディスプレイをオフにするまでの時間を設定する方法を紹介します。

macOS のディスプレイをオフにする時間は自由に設定することができます。また、ディスプレイをオフにしないように設定することも可能です。

ディスプレイをオフにする時間を長くすると電力・バッテリー消費が多くなるので、特に理由がない場合は少なめに設定しておくといいでしょう。

macOS - ディスプレイをオフにするまでの時間を設定

それでは実際に設定してみましょう。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「省エネルギー」をクリックしましょう。


MacBook の場合

  • バッテリー
  • 電源アダプタ

の2つの設定があります。iMacは1つだけです。


まずは「バッテリー」接続時からみてみましょう。

  • ディスプレイをオフにするまでの時間


をスライドバーで設定しましょう。

スポンサーリンク


次は電源アダプタ接続時も合わせて設定しましょう。


こちらも

  • ディスプレイをオフにするまでの時間

をスライドバーで設定します。


「ディスプレイをオフにする時間」を長めに設定すると


次のようなポップアップが表示されます。

この設定にすると、コンピュータの消費電力が増加する可能性があります。
消費電力を減らすには「デフォルトに戻す」をクリックしてください。

問題ない場合は「OK」をクリックします。


あとから「デフォルトに戻す」こともできます。

関連記事(一部広告含む)