macOS - ディスプレイをオフにするまでの時間を設定

macOS のディスプレイをオフにするまでの時間を設定する方法を紹介します。

macOS のディスプレイをオフにする時間は自由に設定することができます。また、ディスプレイをオフにしないように設定することも可能です。

ディスプレイをオフにする時間を長くすると電力・バッテリー消費が多くなるので、特に理由がない場合は少なめに設定しておくといいでしょう。

macOS - ディスプレイをオフにするまでの時間を設定

それでは実際に設定してみましょう。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「省エネルギー」をクリックしましょう。


MacBook の場合

  • バッテリー
  • 電源アダプタ

の2つの設定があります。iMacは1つだけです。


まずは「バッテリー」接続時からみてみましょう。

  • ディスプレイをオフにするまでの時間


をスライドバーで設定しましょう。


次は電源アダプタ接続時も合わせて設定しましょう。


こちらも

  • ディスプレイをオフにするまでの時間

をスライドバーで設定します。


「ディスプレイをオフにする時間」を長めに設定すると


次のようなポップアップが表示されます。

この設定にすると、コンピュータの消費電力が増加する可能性があります。
消費電力を減らすには「デフォルトに戻す」をクリックしてください。

問題ない場合は「OK」をクリックします。


あとから「デフォルトに戻す」こともできます。

ハードウェア関連の人気記事

  1. Mac - SSD/HDD のディスク容量(使用量)を確認する方法
  2. Mac - USBメモリをフォーマット(消去)
  3. Mac - USBデバイス・SDカードの接続と認識
  4. Mac - メモリ容量(使用量)を確認する方法
  5. Mac - Bluetoothキーボードを接続する方法
  6. Mac - サウンドの出力設定
  7. Mac - ハードディスク上のデータ消去
  8. Mac - ハードディスクのパーティションを追加・削除
  9. Mac - デジタルカメラで撮影した写真を読み込む
  10. Mac - 外部ディスクをマウント/アンマウント(マウント解除)
  11. Mac - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーに接続する方法
  12. Mac - ディスクエラーのチェック(修復) - First Aid
  13. Mac - 復元ディスクの作成 - Macが起動しないときのために
  14. MacBookに外部ディスプレイを接続 - クラムシェルモード
  15. Mac - ストレージを最適化する方法

関連記事(一部広告含む)