MENU

Mac - ディスプレイをオフにする時間を設定する方法(オフにしない)

Mac のディスプレイをオフにする時間を設定する方法を紹介します。

Mac のディスプレイをオフにする時間は自由に設定することができます。また、ディスプレイをオフにしないように設定することも可能です。

ディスプレイをオフにする時間を長くすると電力・バッテリー消費が多くなるので、特に理由がない場合は少なめに設定しておくといいでしょう。

Mac のディスプレイをオフにする時間を設定する方法は?

Mac のディスプレイをオフにする時間を設定する方法は次の手順です。

  1. [システム設定] を開く


    アップルメニューの [システム設定] をクリックします。

  2. [ロック画面] を選択する


    システム設定の左メニュー [ロック画面] をクリックしましょう。

  3. ディスプレイをオフにする時間を設定する


    [バッテリー駆動時] [電源接続時] にディスプレイをオフにする時間を設定しましょう。

    • バッテリー駆動時に使用していない場合はディスプレイをオフにする
    • 電源アダプタ接続時に使用していない場合はディスプレイをオフにする


    オフにしたい時間を設定しましょう。

これで Mac のディスプレイをオフにする時間を設定する方法の解説は終了です。

ディスプレイをオフにしないようにする方法は以下で解説していますので、引き続きご覧ください。

Mac のディスプレイをオフしないようにする方法は?

Mac のディスプレイをオフしないようにする方法は次の手順です。

  1. アップルメニューの [システム設定] をクリックします。

  2. システム設定の左メニュー [ロック画面] をクリックしましょう。

  3. ディスプレイをオフにする時間を選択しましょう。

  4. [しない] を選択しましょう。

  5. 消費電力が増加する可能性があります? と表示されるので、[OK] をクリックしましょう。

  6. これで Mac を操作しなくてもディスプレイがオフにならないようになります。