今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない) - 地震・災害・避難
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する

Microsoft Edge - 閲覧履歴・キャッシュを自動削除(残さない)

スポンサーリンク

Microsoft Edge の閲覧の履歴・データ(キャッシュ)を自動削除する方法を紹介します。

Microsoft Edge で、アクセスしたサイトの記録である閲覧の履歴やクッキーなど……はブラウザーを閉じるときに自動的に削除することができます。

ということで、ここではその設定方法をみていきます。

閲覧の履歴・データ(キャッシュ)を残さない

それでは実際に設定してみましょう。


タスクバーの「e」アイコンをクリックし、Microsoft Edge を起動しましょう。


Microsoft Edge です。

右上の「・・・」アイコンをクリックします。


すると、このように右カラムにメニューが表示されるので

「設定」をクリックしましょう。


設定です。

スポンサーリンク

「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。


「閲覧データのクリア」の「クリアするデータの選択」をクリックしましょう。

  • ブラウザーを閉じるときに、常にこれを消去する

を「オン」にしましょう。


消去するデータを選択しましょう。

  • 閲覧の履歴
  • Cookie と保存済みの Web サイトデータ
  • キャッシュされたデータとファイル
  • 保存して閉じたタブや最近閉じたタブ
  • ダウンロードの履歴
  • フォームデータ
  • パスワード
  • メディアライセンス
  • Webサイトのアクセス許可

これで閲覧履歴とデータが残されません(自動的に消去されます)。

関連記事(一部広告含む)