今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  3. Windows10 - リモートデスクトップを有効(オン)に(コントロールパネル)
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法

Microsoft Edge - ダウンロードしたファイルの保存先を設定(変更)

スポンサーリンク

Microsoft Edge で、ダウンロードしたファイルの保存先を設定(変更)する方法を紹介します。

Microsoft Edge のデフォルトの設定では

C:\Users\ユーザー名\Downloads

になっていますが、お好みで設定を変更することができます。

例えば、「Cドライブ」から「Dドライブ」へ変更、あるいは「Dropbox」「OneDrive」といったクラウドサービスで利用しているフォルダへ変更することも可能です。

Microsoft Edge - ダウンロードの保存先を設定(変更)

それでは実際に設定してみましょう。


Microsoft Edge を起動し


画面右上の「・・・」をクリックしましょう。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定」をクリックします。


設定です。

設定を下へスクロールし

スポンサーリンク


「詳細設定を表示」をクリックしましょう。


詳細設定です。

ダウンロードしたファイルの保存先を確認することができます。

この例では

C:\Users\karuma\Downloads

になっています。


「変更」をクリックすると


「フォルダーの選択」ウィンドウが表示されるので

お好みのフォルダーを選択しましょう。


すると、このようにダウンロード先が変更されます。

関連記事(一部広告含む)