MENU

Microsoft Edge ハードウェア・アクセラレータをオフに(無効に)

Microsoft Edge のハードウェア・アクセラレータの設定方法を紹介します。

ハードウェア・アクセラレータ

ハードウェア・アクセラレータとは、CPU が処理している一部(主に画像・動画といった映像関連)を GPU に処理させることで、Microsoft Edgeのパフォーマンスを向上させる機能のことです。

Microsoft Edge のハードウェア・アクセラレータは「使用可能な場合は使用する」となっているので、デフォルトの設定のまま「オン」にしておいて問題ありません。

ただ、GPUが搭載されていないパソコンでMicrosoft Edgeの挙動がおかしいと感じたら、「ハードウェア・アクセラレータ」を「オフ(無効)」にしてみましょう。

ハードウェア・アクセラレータの設定(オン/オフ)

それでは実際に設定方法をみていきます。

Edgeの起動

Microsoft Edgeを起動します。

右上の「・・・」をクリックすると

メニューが表示されるので「設定」をクリックします。

Edgeの設定

設定です。「システム」をクリックします。

システムの設定

システムの設定です。「使用可能な場合はハードウェア・アクセラレータを使用する」ように設定(オン)されています。

ハードウェア・アクセラレータ

不要の場合はハードウェア・アクセラレータを「オフ」にしましょう。

①この設定の変更を有効にするために、②「再起動」をクリックしましょう。

これでハードウェア・アクセラレータを「オフ」になりました。

Google Chrome – ハードウェア・アクセラレーションの設定

Windows10 – ハードウェア・アクセラレーションの設定

Microsoft Edge – 設定のリセット

Microsoft Edgeの使い方と設定

関連記事