Microsoft Edge - 表示中のタブを保存・復元する方法

Microsoft Edge で、表示中のタブを保存し、後で復元する方法を紹介します。

パソコンを再起動したいけど、まだ閲覧中のページがある……

そんな場合は今回紹介する「表示中のタブを保存・復元する」機能を利用しましょう。


タスクバーの「e」アイコンをクリックし


Microsoft Edge を起動しましょう。


適当にタブをいくつか表示させます。

Edge - 表示中のタブを保存


ウィンドウ左上の「←」っぽいアイコンをクリックしましょう。


マウスカーソルをもっていったままにしておくと「表示中のタブを保存して閉じる」と表示されるのアイコンです。


すると、このような「タブをどこに移動しますか?」というポップアップが表示されます。

これでタブが保存されました。

Edge - 保存したタブを復元


ウィンドウ左上のアイコンをクリックすると


「保存して閉じたタブ」が表示されます。

どれかひとつをクリックすると、そのページへアクセスすることができます。


「タブの復元」をクリックすると


このように保存して閉じたすべてのタブを復元することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Microsoft Edge関連の人気記事

  1. Microsoft Edge - ホームページの設定 - 起動時に表示されるページ
  2. Microsoft Edge - Internet Explorerモードの使い方
  3. Microsoft Edge の設定と使い方
  4. Microsoft Edge - 垂直タブの設定と使い方
  5. Windows10 - 新しい Microsoft Edge のインストール(手動)
  6. Microsoft Edgeを最新バージョンに更新する方法
  7. Microsoft Edge - 検索エンジンをGoogleに変更(アドレスバー)
  8. Microsoft Edge - ホームボタンの設定
  9. Microsoft Edge - Googleを新しいタブに設定
  10. Microsoft Edge - InPrivate ウィンドウを開く(シークレットモード)
  11. Microsoft Edge - 閲覧履歴・キャッシュを自動削除(残さない)
  12. Microsoft Edge - サインインとサインアウト
  13. Microsoft Edge のトップページをカスタマイズ(マイニュースを非表示に)
  14. Microsoft Edge - 翻訳の使い方と設定(オン/オフ)
  15. Microsoft Edge - 保存したパスワードを確認(表示)する方法

関連記事(一部広告含む)