Windows 11 - 自分の設定を保存する方法(バックアップ)

windows 11 save settings

Windows 11 の自分の設定を保存する方法を紹介します。

Windows 11 には、[自分の設定を保存する] 機能があります。この機能を使用することで、[ファイル] [アプリ] [設定] をバックアップして、デバイス間で同期・復元することができます。

便利な機能なので、Windows PC を複数台持っている方は設定を確認しておきましょう!

自分の設定を保存する方法は?

Windows 11 の自分の設定を保存する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    save personalized settings windows 11 01

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] をクリックしましょう。
  2. [アカウント] → [Windows バックアップ] を選択する

    save personalized settings windows 11 02

    1. 設定の左メニュー [アカウント] を選択し
    2. [Windows バックアップ] をクリックします。
  3. 自分の設定を保存する(オン)

    save personalized settings windows 11 03
    Windows バックアップです。デフォルトでは、[自分の設定を保存する] が [オン] になっています。

    ローカルアカウントの場合、設定がグレーアウトされています(設定できません)。設定をバックアップする場合は Microsoft アカウントを使用しましょう。
    Windows 11 Microsoftアカウントを作成・追加する方法

  4. 保存する項目を設定する(オン/オフ)

    save personalized settings windows 11 04
    [自分の設定を保存する] を選択すると、保存する項目を個別に設定(オン/オフ)することができます。

    • アクセシビリティ
    • アカウントとパスワード
    • 個人用設定
    • 言語設定
    • その他の Windows の設定
  5. 自分の設定を保存しない(オフ)

    save personalized settings windows 11 05
    設定の保存が不要な場合は、[自分の設定を保存する] を [オフ] にしましょう。

これで Windows 11 の自分の設定を保存する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事