MENU

Word – 1ページあたりの文字数や行数を指定する方法

Wordファイルの1ページあたりの文字数や行数を指定する方法を紹介します。

目次

1ページあたりの文字数や行数を指定

どこかに提出するファイルで、1ページあたりの文字数制限がある。文章が少し短くなってしまったけどページ全体を文章で埋めたい。

そんな場合は1ページあたりの文字数や行数を指定して対応するといいでしょう。

それでは実際に設定してみましょう。

Wordファイルを開く

文字数や行数を指定したいWordファイルを開きます。

レイアウトからページ設定

①「レイアウト」タブをクリックし、ページ設定の右下にあるアイコンをクリックします。

文字数と行数を指定

①上部タブ「文字数と行数」を選択、②「文字数と行数を指定する」を選択しましょう。③「文字数」と④「行数」を指定し、⑤「OK」をクリックします。

Word文章のこれで1ページあたりの文字数と行数を設定することができます。

文字数カウント

Wordには文字数をカウントする機能があるので、1ページあたりの文字数や行数を決めるのに使ってみましょう。

校閲→文字カウント

①カウントしたい文章を選択し、②「校閲」タブを選択、③リボンの「文字数カウント」をクリックしましょう。

すると、このように「文字数」「段落数」「行数」を確認することができます。

ステータスバー

①カウントしたい文章を選択し、②ステータスバーから文字数をカウントします。

この例では「258/1950文字」なので、ファイル全体の文字数は「1950文字」。選択している文字数が「258文字」になります。

ファイルにパスワードを設定

ファイルにパスワードを設定することもできます。ご参考にどうぞ。

透かし文字(社外秘など)を入れる

Wordには、文章の背景に社外秘などの透かし文字を入れることができるので、合わせてご覧ください。

Microsoft 365の使い方

関連記事

目次
閉じる