今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  5. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する

Twitterアカウント - 2段階認証(ログイン認証)を無効(オフ)にする方法

スポンサーリンク

Twitterアカウントの2段階認証(ログイン認証)を無効(オフ)にする方法を紹介します。

2段階認証を有効にすると

パスワード認証に加えて、ログインする際に携帯電話に本人確認用のショートメールが届きます。

2段階認証を有効にするとセキュリティは強化されますが、何かしらの理由で無効にする場合は今回紹介する方法を行いましょう。

ログイン認証を無効に

それでは実際に2段階認証(ログイン認証)を無効にしてみましょう。


まずは次の項目を入力し、Twitterアカウントにログインしましょう。

  • 電話/メールアドレス/ユーザー名
  • パスワード


ログイン認証です。コードを入力しましょう。


ログインしました。

画面右上の「ユーザー」アイコンをクリックし


表示されたメニューから「設定とプライバシー」をクリックします。

スポンサーリンク


アカウント情報です。

ログインとセキュリティ項目の「セキュリティ」をクリックしましょう。


セキュリティの設定です。

「ログイン認証」をクリックします。


ログイン認証の設定です。

  • ログイン認証
    ログイン後、本人確認とアカウント保護のために追加情報が求められます。

からチェックをはずしましょう。


すると、次のポップアップが表示されるので

ログイン認証を無効にしますか?
オフにするとアカウントでログイン認証が無効になります。

「はい」をクリックしましょう。


これでログイン認証が無効(オフ)になります。

関連記事(一部広告含む)