Twitterアカウント - 2段階認証を無効(オフ)にする方法

スポンサーリンク

Twitterアカウントの2段階認証を無効(オフ)にする方法を紹介します。

2段階認証を有効にすると
パスワード認証に加えて、ログインする際に携帯電話に本人確認用のショートメールが届きます。

2段階認証を有効にするとセキュリティは強化されますが、何かしらの理由で無効にする場合は今回紹介する方法を行いましょう。

2段階認証を無効に

それでは実際に2段階認証(ログイン認証)を無効にしてみましょう。


まずは、Twitterにログインしましょう。


ログインしたら

画面左下の「ユーザー」アイコンをクリックしましょう。


すると、ポップアップ・メニューが表示されるので

「設定とプライバシー」をクリックします。


設定です。

「アカウント」をクリックします。


アカウントの設定です。

「セキュリティ」をクリックします。


セキュリティの設定です。

「2要素認証」をクリックします。


2要素認証の設定からチェックをはずしましょう。


すると、次のポップアップが表示されるので

オフにしますか?
オフにすると、この2要素認証がアカウントから削除されます。オフにしてもよろしいですか?

「オフにする」をクリックしましょう。


これで2段階認証が無効(オフ)になります。


2段階認証を無効にすると次のようなメールが届きます。

2要素認証をオフにしました
Twitterにログインするときのセキュリティ向上が無効になります。アカウントが乗っ取られる可能性が高くなります。

とのことなので、特に理由がない限り2段階認証を有効にしておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)