Windows10 - よく使う単語の追加(登録) - Microsoft IME

Last Update:

Windows10 の日本語入力ソフト「IME」で、よく使う単語の追加(登録)する方法を紹介します。

Microsoft IME よく使う単語の追加(登録)

自分の名前、会社名……といった「固有名詞」、よく使う文章の「短縮よみ」……を IME に登録しておくと、作業効率が大幅にアップします。

ということで、ここでは IME によく使う単語を登録する方法をみていきます。

それでは設定方法をみていきます。

IMEアイコンを右クリック


タスクバーの右の方にある「A」あるいは「あ」のIMEアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

メニュー→単語の追加


メニューが表示されるので「単語の追加」をクリックしましょう。

単語の登録


すると、「単語の登録」ウィンドウが表示されるので

  • 単語
  • (単語の)よみ
  • ユーザーコメント(任意)

を入力

品詞の選択


「品詞」を選択し

  • 名詞
  • 人名
  • 地名
  • 短縮よみ
  • 顔文字
  • その他


「登録」をクリックしましょう。

これで単語の登録は完了です。

登録した単語の確認

テキストエディター(メモ帳など)を起動し、先程登録した単語を入力してみると


このように適切に変換されます。

ユーザー辞書ツール

登録した単語は「ユーザー辞書ツール」から編集・削除できます。


「単語の登録」ウィンドウの下の方にある「ユーザー辞書ツール」をクリックします。


クリックすると「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」ウィンドウが表示されるので、この画面で単語を編集・削除できます。

Windows10 - IMEの予測入力の使用

予測入力の設定も合わせてご覧ください。

Microsoft IMEの使い方や設定

その他の Microsoft IME の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Windows10の使い方や設定

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

IME関連の人気記事

  1. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  2. Windows10 - よく使う単語の追加(登録) - Microsoft IME
  3. Windows10 - 以前のバージョンの Microsoft IME を使う
  4. Windows10 - Microsoft IME 入力履歴の使用と削除
  5. Windows10 - IMEツールバーの表示/非表示 - 言語バー
  6. Windows10 - IME「かな入力」を有効に(オン/オフ)
  7. Windows10 - IMEのプライベートモードを有効に(オン/オフ)
  8. Windows10 - Microsoft IME のキー設定を変更する
  9. Windows10 - IMEでの入力オートコレクトの設定
  10. Windows10 - Microsoft IME 辞書を修復する
  11. Windows10 - IME入力モード切替の画面中央の通知(オン/オフ)
  12. Windows10 - Microsoft IME の設定を既定値(デフォルト)に戻す
  13. Windows10 - スペルのわからない英単語を調べる(入力) - IME
  14. Windows10 - Microsoft IME - 学習情報をファイルに保存・削除
  15. Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用

関連記事(一部広告含む)