今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定

Windows10 - インストールするアプリを制限する方法

スポンサーリンク

Windows10 にインストールしたアプリを制限する方法を紹介します。

Windows10 では、インストールするアプリを「ストア」のみに制限することができます。ストアのアプリのみをインストールすると、PC を保護しながらスムーズな動作を維持できます。

また、ストアの確認済みでないアプリをインストールしようとした場合に警告することもできるので、その方法も合わせて紹介します。

Windows10 - インストールするアプリを制限

それでは実際に設定する方法をみていきます。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「アプリ」をクリックします。


アプリの設定です。

アプリのインストール
アプリを取得できる場所を選択します。ストアのアプリのみをインストールすると、PC を保護しながらスムーズな動作を維持できます。


デフォルトでは「任意の場所のアプリを許可する」ようになっていますが

スポンサーリンク
  • 任意の場所のアプリを許可する
  • ストア以外からアプリをインストールする前に警告する
  • ストアのアプリのみ許可する

の3つから選択することができます。

ストア以外からアプリをインストールする前に警告する


「ストア以外からアプリをインストールする前に警告する」を選択し

ストア以外のアプリをインストールしようとすると……

インストールしようとしているアプリは、ストアの確認済みアプリではありません

と警告を表示することができます。

ストアのアプリのみ許可する


ストアのアプリのみ許可する」を選択し

ストア以外のアプリをインストールしようとすると……

この PC のセッテでは、ストアの確認済みアプリのみがインストールを許可されています

と表示され、ストア以外のアプリのインストールを防ぐことができます。

関連記事(一部広告含む)