Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)

Windows10 のパフォーマンスを確認・表示する方法を紹介します。

ここでは、タスクマネージャーを使って、「CPU」「メモリ」「ディスク」「ネットワークイーサネット」のパフォーマンスを確認・表示する方法をみていきます。

タスクマネージャー - パフォーマンス

それでは実際にパフォーマンスをみてみましょう。

windows-10-task-manager-performance-01
デスクトップ下部にある「タスクバー」にマウスカーソルをもっていき

右クリックすると

windows-10-task-manager-performance-02
メニューが表示されるので「タスクマネージャー」をクリックします。

windows-10-task-manager-performance-03
タスクマネージャーです。

windows-10-task-manager-performance-04
左下の「詳細」をクリックします。

windows-10-task-manager-performance-05
タスクマネージャー(詳細)です。

windows-10-task-manager-performance-06
上部タブメニュー「パフォーマンス」をクリックしましょう。

スポンサーリンク

windows-10-task-manager-performance-07
パフォーマンスでは次の項目を確認することができます。

  • CPU
  • メモリ
  • ディスク
  • イーサネット

ひとつずつみていきましょう。

CPU

windows-10-task-manager-performance-08
CPUのパフォーマンスです。次の項目を確認することができます。

  • 使用率
  • 速度
  • プロセス数
  • スレッド数
  • ハンドル数
  • 稼働時間
  • 最大速度
  • ソケット
  • ……など

メモリ

windows-10-task-manager-performance-09
メモリのパフォーマンスです。次の項目を確認することができます。

  • メモリ使用量
  • メモリ構成
  • 使用中
  • 利用可能
  • コミット済み
  • キャッシュ済み
  • ページプール
  • ……など

ディスク

windows-10-task-manager-performance-10
ディスクのパフォーマンスです。次の項目を確認することができます。

  • アクティブな時間
  • ディスクの転送速度
  • 平均応答速度
  • 読み取り速度
  • 書き込み速度
  • ……など

イーサネット

windows-10-task-manager-performance-11
イーサネットのパフォーマンスです。次の項目を確認することができます。

  • スループット
  • 送信
  • 受信
  • アダプター名
  • IPアドレス
  • ……など

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  6. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  7. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  8. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  9. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  10. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  11. Windows10 - システムの保護 - 復元ポイントの作成
  12. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  13. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - ゲームバーの設定と使い方

関連記事(一部広告含む)