今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Windows10 - Windows の機能の有効化または無効化

スポンサーリンク

Windows10 で「Windows の機能」の有効化または無効化する方法を紹介します。

Windows の機能とは、「.NET Framework」「Internet Explorer 11」「Microsoft PDF 印刷」「Telnetクライアント」……などの Windows に搭載されている機能のことです。

ここでは、それらの機能を有効化/無効化する方法をみていきます。

Windows の機能の有効化または無効化

それでは設定方法をみていきます。


タスクバーの検索ボックスに

cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。


コントロールパネルです。

「プログラム」をクリックします。


「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。


すると、「Windows の機能」というウィンドウが表示されます。

ここでは、次のような Windows の機能を有効化/無効化することができます。

スポンサーリンク
  • .NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0 を含む)
  • Internet Explorer 11
  • Microsoft PDF 印刷
  • Microsoft メッセージキュー(MSMQ)サーバー
  • NET Framework 4.6 Advanced Services
  • Remote Differential Compression APIサポート
  • RIPリスナー
  • SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート
  • Telnetクライアント
  • TFTPクライアント
  • Windows Identity Foundation 3.5
  • Windows PorweShell 2.0
  • Windows TIFF IFiletr
  • Windows プロセスアクティブ化サービス
  • XPSサービス
  • XPSビューアー
  • インターネットインフォメーションサービス
  • インターネットインフォメーションサービスのホスト可能なWebコア
  • メディア機能
  • レガシコンポーネント
  • ワークフォルダークライアント
  • 印刷とドキュメントサービス
  • 簡易 TCP/IPサービス
  • 簡易ネットワーク管理プロトコル

有効化


有効化したい機能(ここでは「Telnetクライアント」)にチェックを入れ、「OK」をクリックします。


すると、必要なファイルの検索がはじまり

変更を適用します。


しばらくすると、必要な変更が完了します。「閉じる」をクリックしましょう。

無効化


無効化したい機能(ここでは「Telnetクライアント」)のチェックをはずし、「OK」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)