Windows10 - 更新プログラムの自動ダウンロード(従量制課金接続での設定)

Last Update:

従量制課金接続で、Windows Update 更新プログラムを自動ダウンロードするかどうかを設定する方法を紹介します。

従量制課金接続は、通信データの使用量に応じて課金する制度のことです。

Windows10 では、従量制課金接続でインターネットを使用している場合は、Windows Update 更新プログラムが自動ダウンロードされないようになっています。

この設定は変更することもできるので、ここではその方法をみていきます。

Windows10 - 更新プログラムの自動ダウンロード(従量制課金接続)

それでは実際に設定を見てみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。


Windows Update です。

「詳細オプション」をクリックします。


詳細オプションです。

  • 従量制課金データ接続であっても更新プログラムを自動的にダウンロードします(料金がかかる可能性があります)

デフォルトでは「オフ」になっています。


必要であれば、このように「オン」に設定しましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

セキュリティ関連の人気記事

  1. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)
  2. Windows10 のファイアウォールを無効/有効にする方法
  3. Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン
  4. Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのアンインストール(削除)
  6. Windows10 - セキュリティの状況を確認
  7. Windows10 - Windows セキュリティの使い方まとめ
  8. Windows10 - Windows セキュリティの起動と概要
  9. Windows10 - Windows セキュリティ 通知の設定(オン/オフ)
  10. Windows10 - Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止(フォルダーの保護)
  11. Windows10 - Windows Update 更新プログラムの表示(確認)
  12. Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定
  13. Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可
  14. Windows10 - Microsoftアカウントの本人確認
  15. Windows10 - マカフィーリブセーフのアンインストール(削除)

関連記事(一部広告含む)