今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除
  5. Windows10 の使い方と設定

ハイブリッドスリープをオン(有効)に - Windows8

スポンサーリンク

Windows8でハイブリッドスリープをオン(有効)にする方法を紹介します。

ハイブリッドスリープとは、作業をメモリ上に保存し、節電状態に入れるようにする機能のことです。作業がメモリ上に保存されているため、ユーザーは素早く作業に戻ることができます。

「バランス」「省電力」「高パフォーマンス」といった電源プランの設定方法も合わせてご覧ください。
» 電源プランの変更と設定

ハイブリッドスリープをオン(有効)に

windows-8-hybrid-sleep-01
画面左下(タスクバーの左)にある「Windowsマーク」にマウスカーソルをもっていき右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「電源オプション」をクリックします。

※ あるいは「Windows」キーを押しながら「X」キーを押すとメニューが表示されます。Windows8には他にも便利なショートカットキーがあります。詳細はこちらを参考にしてください。
» Windows8 - キーボードショートカットの一覧表

windows-8-hybrid-sleep-02
すると、「電源オプション」ウィンドウが表示されるので、選択しているプランの右のほうにある「プラン設定の変更」をクリックします。

電源プランの変更と設定についてはこちらを参考にしてください。
» Windows8 - 電源プランの変更と設定

スポンサーリンク

windows-8-hybrid-sleep-03
「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

windows-8-hybrid-sleep-04
クリックすると「電源オプション」をカスタマイズするウィンドウが表示されます。

windows-8-hybrid-sleep-05
「スリープ」→「ハイブリッドスリープを許可する」から「バッテリ駆動」「電源に接続」時のハイブリッドスリープの「オン/オフ」を変更します。

ここでは「バッテリ駆動」を設定してみましょう。

windows-8-hybrid-sleep-06
「オン/オフ」をクリックすると選択すると選択肢が表示されるので、「オン」を選択します。

windows-8-hybrid-sleep-07
すると、このようにバッテリ駆動時にハイブリッドスリープがオン(有効)になります。

関連記事(一部広告含む)