今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

システムエラー「システムログにイベントを書き込む」を無効にする - Windows8

スポンサーリンク

Windows8に生じたシステムエラー「システムログにイベントを書き込む」を無効にする方法を紹介します。

しかし、ほとんどのWindowsユーザーはシステムエラーの検証なんてやらないですよね……そこで!ここではシステムの余分な作業を省き、少しでもWindowsを高速化するために「システムログにイベントを書き込む」を無効にする方法を紹介します。

「システムログにイベントを書き込む」を無効に

windows-8-system-error-01
デスクトップ左下の「Windows」マークにマウスカーソルをもっていき右クリックすると、このようにメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

あるいは、ショートカットキー「Windows + X」を使ってもメニューが表示されます。その他にも便利なショートカットキーがあります。こちらを参考にしてください。
» Windows8 - キーボードショートカットの一覧表

windows-8-system-error-02
コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。

スポンサーリンク

windows-8-system-error-03
「システム」をクリックします。

windows-8-system-error-04
クリックするとシステムの情報が表示されるので、左カラムの「システムの詳細設定」をクリックします。

windows-8-system-error-05
クリックすると「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、「起動と回復」の「設定」をクリックします。

windows-8-system-error-06
クリックすると、「起動と回復」の設定画面が表示されるので、

windows-8-system-error-07
以下のように設定しましょう。

  • システムログにイベントを書き込む → 「チェックをはずす」
  • デバッグ情報の書き込み → 「なし」

これで設定完了です。

関連記事(一部広告含む)