今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. Windows10 - スタートメニュー(画面)の設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Windows の iTunes に2ファクタ認証でサインイン(Apple ID)する方法

スポンサーリンク

Windows の iTunes に2ファクタ認証でサインインする方法を紹介します。

Windows の iTunes に2ファクタ認証でサインイン

それでは実際にサインインしてみましょう。


アプリ「iTunes」を起動し


上部メニュー「アカウント」をクリックすると


このようにメニューが表示されるので

その中から「サインイン」をクリックしましょう。


すると、このように「iTunes Sotre」にサインインというポップアップが表示されるので

  • Apple ID
  • パスワード

を入力し、「サインイン」をクリックしましょう。

スポンサーリンク


すると、このようなポップアップが表示されます。

ほかのデバイスに送信された確認コードを入力してください。
入力した Apple ID は、承認したデバイスからのみ使用できます。

ほかのデバイス(ここでは「iPhone」)をみてみましょう。

このようなポップアップ(地図も)が表示されるので

Apple ID サインインが要求されました
ご利用の Apple ID が◯×(地名)近辺で iPad にサインインするために使用されています。

「許可」をタップしましょう。

すると、「Apple ID 確認コード」というポップアップが表示されます。

Apple ID 確認コード
サインインするには、この確認コードを iPad に入力してください。
6桁の数字


確認コード「6桁の数字」を入力し、「次へ」をクリックします。

これでサインインの完了です。

確認してみましょう。


上部メニューのアカウントをみてみると、「Apple ID」と「名前」が表示されています。

関連記事(一部広告含む)