Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整

Last Update:

Windows8/8.1で、バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整する方法を紹介します。

この項目を設定すると、バックグラウンドで走らせているサービス(タスク)が優先的にプロセッサのリソースを利用します。そのため、利用しているアプリやプログラムが少し遅く、重たく感じるかもしれません。

※ 通常、この設定を利用することはありません。バックグラウンドで何かしら重要な処理を走らせたい場合のみ設定する項目です。

最適なパフォーマンスに調整

windows8-background-service-performance-00
Windowsへサインインし、画面の左下へマウスカーソルをもっていき右クリックする(あるいは「Windowsキー」を押しながら「Xキー」を押す)とクイックアクセスメニューが表示されるので、メニューの中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-background-service-performance-01
コントロールパネルから「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows8-background-service-performance-02
「システム」をクリックします。

windows8-background-service-performance-03
「システムの詳細設定」をクリックします。

windows8-background-service-performance-04
クリックすると「システムのプロパティ」が表示されるので、パフォーマンス項目から「設定」をクリックします。

windows8-background-service-performance-05
クリックすると「パフォーマンス オプション」が表示されるので、上部タブメニューから「詳細設定」をクリックします。

windows8-background-service-performance-06
「プロセッサのスケジュール」項目の「次を最適なパフォーマンスに調整」から「バックグラウンド サービス」を選択し、「OK」をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  5. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  6. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  7. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  8. コンピューター名の確認 - Windows8
  9. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  10. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  11. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  12. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  13. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  14. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  15. 日付と時刻 NTPサーバーの同期間隔の変更 - Windows8

関連記事(一部広告含む)