今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

日付、時刻、数値、通貨の形式を変更 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8では、デフォルトに設定されている日付(短い形式)「yyyy/MM/dd」を「yy/MM/dd」や「yyyy-dd-dd」に、カレンダーの週の最初の曜日を「月曜日」や「火曜日」に変更することができます。

その他、「時刻」「数値」「通貨」の形式も変更することができるので、使っているパソコンの設定を自分流にカスタマイズしましょう。

ここでは、日付、時刻、数値、通貨の形式を変更する方法を紹介します。

日付と時刻の形式の変更

windows8-change-date-time-format-00
コントロールパネルを起動します。

スポンサーリンク

windows8-change-date-time-format-01
コントロールパネルの「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリックします。

windows8-change-date-time-format-02
クリックすると「地域」ウィンドウが表示されるので、ウィンドウ中央の「日付と時刻の形式」から変更します。変更できる項目は以下の通りです。

  • 日付(短い形式)
  • 日付(長い形式)
  • 時刻(短い形式)
  • 時刻(週の最初の曜日)

windows8-change-date-time-format-03
変更すると日付や時刻の形式が参照できるので、いろいろ試しながら設定しましょう。

数値、通貨などの設定

「数値」「通過」、より詳細な「時刻」「日付」の設定方法を紹介します。

windows8-change-date-time-format-04
「追加の設定」をクリックします。

windows8-change-date-time-format-05
数値の設定です。

「小数点の記号」「小数点以下の桁数」「負の符号」などのさまざまな数値の設定が行えます。

windows8-change-date-time-format-06
通貨の設定です。

「通貨記号」「正/負の形式」「桁区切り」などのさまざまな数値の設定が行えます。

windows8-change-date-time-format-07
時刻の詳細設定が行えます。

windows8-change-date-time-format-08
日付の詳細設定が行えます。

windows8-change-date-time-format-09
文字、単語、ファイル、およびフォルダーの並べ替え方法の設定が行えます。

スポンサーリンク