システム作業フォルダーの変更 - Windows8

Last Update:

Windows8でシステム作業フォルダーを変更する方法を紹介します。

システム作業フォルダーとはシステムが利用する一時フォルダーのことで、システムがデータなどを一時的に保存するための領域として利用されます。

デフォルトでは以下のように設定されています。

%SystemRoot%\Temp

WindowsがインストールされているシステムドライブがCドライブの場合は以下のフォルダです。

C:\WINDOWS\TEMP

ハードディスクが複数接続されているパソコンでは別ドライブ(例えば、Dドライブ)にしておくとシステム処理が少し早くなる場合があるので、ここではシステム作業フォルダーの変更方法を紹介します。

システム作業フォルダーの変更

windows8-change-system-temp-folder-00
コントロールパネルを開きます。

※「Windowsキー 」を押しながら「Xキー」を押す(あるいはマウスポインターを左下へもっていき右クリックする)とメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-01
コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-02
「システム」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-03
システムの左カラム「システムの詳細設定」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-04
クリックすると「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、下のほうにある「環境設定」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-05
クリックすると「環境設定」ウィンドウが表示されるので、システム環境変数から「TEMP」を選択し「編集」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-06
クリックすると「システム変数の編集」ウィンドウが表示されるので、「変数値」に変更後のフォルダを入力し「OK」をクリックします。

windows8-change-system-temp-folder-07
システム環境変数から「TMP」を選択し「編集」をクリックします。先ほどと同じように「システム変数の編集」ウィンドウが表示されるので、変更先のフォルダを入力し「OK」をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  5. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  6. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  7. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  8. コンピューター名の確認 - Windows8
  9. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  10. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  11. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  12. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  13. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  14. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  15. 日付と時刻 NTPサーバーの同期間隔の変更 - Windows8

関連記事(一部広告含む)