MENU

ATOK – キー操作をMS-IME風スタイルに変更

ここでは日本語入力システム「ATOK」のキー操作をMS-IME風スタイルに変更する方法を紹介します。

ATOKの購入をお考えの方は「ATOK Passport」がおすすめです。

「ATOK Passport」とは、「Windows」「Mac」「Android」で使える「ATOK」のことで、1ライセンスにつき、なんと!10台まで利用可能です。

インストールや初期設定に関してはこちらをご覧ください。

それでは、「ATOK」のキー操作をMS-IME風スタイルに変更する方法をみていきましょう。Windows と Mac の順で変更方法をみていきます。

ATOK for Windows

atok-key-customize-ime-01
タスクバーの右の方にある

atok-key-customize-ime-02
「A」あるいは「あ」のATOKアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックします。

atok-key-customize-ime-03
すると、このようにメニューが表示されるので、その中から「ATOKメニュー」をクリックします。

atok-key-customize-ime-04
クリックするとATOKメニューが表示されるので、その中から「プロパティ(環境設定)」をクリックします。

atok-key-customize-ime-05
クリックすると「ATOK プロパティ」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニューの「キー・ローマ字・色」をクリックします。

atok-key-customize-ime-06
左カラムにある「スタイル一覧」から「MS-IME」を選択し、「OK」をクリックします。

次はMacの設定をみてみましょう。

ATOK for Mac

atok-key-customize-ime-07
上部メニューにある

atok-key-customize-ime-08
「A」あるいは「あ」のATOKアイコンにマウスカーソルをもっていき、クリックします。

atok-key-customize-ime-09
クリックすると、ずらーっと長いメニューが表示されるので、その中から「キー・ローマ字カスタマイザ」をクリックします。

atok-key-customize-ime-10
クリックすると「ATOK キー・ローマ字カスタマイザ」ウィンドウが表示されるので、その中から「MS-IME風スタイル」を選択し、「OK」をクリックします。

以上、「ATOK – キー操作をMS-IME風スタイルに変更する方法」でした。

関連記事