Internet Explorer - SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法

Internet ExplorerのSmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法を紹介します。

SmartScreenフィルター機能とは、別のWebサイトに偽装している可能性があるフィッシングサイトやコンピューターに危害を加える悪意のあるプログラムを含むとInternet Explorerが判断したサイトを閲覧しようとした場合に警告を表示する機能のことです。

特に理由がない場合は、SmartScreenフィルター機能を有効にしておきましょう。

SmartScreenフィルター

smartscreen-filter-enable-disable-00
Internet Explorerを起動し、画面の右上にある「歯車マーク」をクリックします。

スポンサーリンク

smartscreen-filter-enable-disable-01
クリックするとメニューが表示されるので、その中から「セーフティ」→「SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする」をクリックします。

smartscreen-filter-enable-disable-02
クリックすると「Microsoft SmartScreenフィルター機能」ウィンドウが表示されるので「有効にする」あるいは「無効にする」を選択し、「OK」をクリックします。

  • SmartScreenフィルター機能を有効にする(推奨)
    一部のWebサイトのアドレスがMicrosoftへ送信され、検証されます。Microsoftが受信した情報はお客様個人を特定する目的では使用されません。
  • SmartScreenフィルター機能を無効にする
    懸賞オプションが選択されない限り、WebサイトアドレスはMicrosoftへ送信されません。

Internet Explorer関連の人気記事

  1. Internet Explorer - 保存したパスワードを確認(表示)する方法
  2. Internet Explorer - お気に入りをインポート/エクスポート
  3. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴を削除
  4. Internet Explorer - 起動時のホームページを変更
  5. Internet Explorer - オートコンプリートの設定
  6. Internet Explorer - ポップアップ ブロックを有効/無効にする方法
  7. Internet Explorer - プロキシサーバーの設定
  8. Internet Explorer - Webページに使われるフォントを変更する方法
  9. Internet Explorer - Googleをアドレスバーの検索エンジンに設定
  10. Internet Explorer - 終了時に閲覧履歴を削除
  11. Internet Explorer のバージョンを確認
  12. Internet Explorer - インターネットの閲覧履歴の保存日数を変更
  13. Internet Explorer - セキュリティレベルを変更
  14. Internet Explorer - SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法
  15. Internet Explorer - プライバシーのレベルを変更

関連記事(一部広告含む)