ドライブのエラーをチェック - Windows8

Last Update:

Windows8で、ドライブのエラーをチェックする方法を紹介します。

ファイルの読み書きを繰り返し繰り返し、繰り返し行うとドライブにエラーが生じる場合があります。そのエラーを確認・修復する場合は以下の手順で「ドライブのエラーチェック」をします。

ドライブのエラーをチェック

windows8-check-drive-errors-00
Windowsサインインし、エクスプローラーを起動します。

windows8-check-drive-errors-01
エラーをチェックするドライブにマウスカーソルを合わせ右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows8-check-drive-errors-02
クリックすると「ローカルディスクのプロパティ」が起動するので、上部タブメニュー「ツール」をクリックします。

windows8-check-drive-errors-03
エラーチェック項目から「チェック」をクリックします。

windows8-check-drive-errors-04
クリックすると「エラーチェック」ウィンドウが表示するので、「ドライブのスキャン」をクリックします。

windows8-check-drive-errors-05
クリックすると、エラーチェックがはじまります。

※ ドライブの容量によってはかなり時間がかかる場合があります。

windows8-check-drive-errors-06
「ドライブのスキャンが正常に完了し、エラー検出されませんでした。」というメッセージが表示されれば、OKです。左下「詳細の表示」をクリックするとエラーチェックの詳細情報が確認できます。

※ エラーが検出された場合は、この画面からファイルの修復を行います。

windows8-check-drive-errors-08
詳細情報はイベントビューアーから確認できます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ハードウェア関連の人気記事

  1. ディスクの空き容量を確認 - Windows8
  2. Windows8/8.1 - ハードディスクの最適化(デフラグ)する方法
  3. デバイスを有効 / 無効にする - Windows8
  4. USBメモリやSDカードを初期化(フォーマット) - Windows8
  5. Windows8/8.1 - ディスククリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. CPUの種類・周波数とメモリ容量の確認 - Windows8
  7. Windows8/8.1 - デバイスマネジャーの表示方法
  8. Windows8/8.1 - ディスクのデフラグ自動実行のスケジュール設定

関連記事(一部広告含む)