コントロールパネルをクラシック表示に - Windows8

スポンサーリンク

Windows8のコントロールパネルをクラシック表示にする方法を紹介します。

昔ながらのWindowsユーザーにとって、コントロールパネルのカテゴリ表示は、ちょっと分かりづらい場合があります。特に「Windows XP」から「Windows 8」へOSを変更したユーザーは、インタフェースの違いに固まってしまうかもしれません。

そこで、使い慣れたクラシック表示のコントロールパネルへの変更方法をみていきます。

コントロールパネルのクラシック表示

Windows8へサインインし、マウスカーソルを右上へもっていきます。

windows8-cotrol-panel-classic-view-00
カーソルを右上にもっていくと、メニューが表示されるので「検索」をクリックします。

windows8-cotrol-panel-classic-view-01
右カラムの検索フォームに「コントロール」と入力し、「アプリ」を選択します。すると、左カラムに「コントロールパネル」が表示されるので、クリックします。

windows8-cotrol-panel-classic-view-02
クリックすると、カテゴリ表示のコントロールパネルが表示されます。

スポンサーリンク

windows8-cotrol-panel-classic-view-03
右上にある表示方法をクリックすると、「カテゴリ」「大きいアイコン」「小さいアイコン」が表示されます。「大きいアイコン」「小さいアイコン」というのが、コントロールパネルの設定項目一覧が表示される、昔ながらの「クラシック表示」のことです。

まず、「大きいアイコン」からみてみましょう。

windows8-cotrol-panel-classic-view-04
「大きいアイコン」のコントロールパネルです。次は「小さいアイコン」をクリックします。

windows8-cotrol-panel-classic-view-05
「小さいアイコン」のコントロールパネルです。

クラシック表示が必要な場合は、コントロールパネルの表示設定を「大きいアイコン」「小さいアイコン」のどちらかに変更しましょう。

関連記事(一部広告含む)