今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. iPhone/iPad - Night Shift の設定(ブルーライトをカット)

ファミリーセーフティの設定 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8でファミリーセーフティを設定する方法を紹介します。

ファミリーセーフティでは、子供のPC使用のレポートを取得したり、オンラインで閲覧できるコンテンツを選択したり、時間制限やアプリ制限を設定することができます。

ファミリーセーフティを使って有害なWebサイト・アプリ・ゲームを制限し、お子様が安全にPCを利用できるようにしましょう。

ファミリーセーフティの設定

それではファミリーセーフティの設定方法をみていきます。

windows8-enable-family-safety-00
「Windowsキー + X」を押すと(あるいはマウスポインターを左下へもっていき右クリックする)とクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-01
クリックするとデスクトップにコントロールパネルが表示されるので、「ファミリーセーフティの設定」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-02
ファミリーセーフティを有効にするために「アカウント」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-03
ファミリーセーフティを有効にするユーザーアカウントをクリックします。

windows8-enable-family-safety-04
クリックするとボタンが表示されるので、「編集」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-05
クリックするとアカウントの編集が表示されるので、「アカウントの種類」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-06
アカウントの種類から「子供」を選択し、「OK」をクリックします。

スポンサーリンク

windows8-enable-family-safety-07
クリックするとアカウント欄に「子供」と表示されます。

これでファミリーセーフティの設定は完了です。

次はファミリーセーフティの管理をみてみましょう。「スタート画面(Modern UI)」から「デスクトップ」へ戻ります。

ファミリーセーフティの管理

windows8-enable-family-safety-08
「ファミリーセーフティ Webサイトで設定を管理する」をクリックするとWebサイト上でファミリーセーフティを管理することができます。

ローカルのみでも管理できるので、ここではローカルPCでの設定方法を紹介します。

windows8-enable-family-safety-09
「詳細情報」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-10
「ファミリーセーフティWebサイトから設定を削除してください。」をクリックします。

windows8-enable-family-safety-11
クリックするとユーザーアカウントが表示されるので、管理するユーザーアカウントをクリックします。

windows8-enable-family-safety-12
クリックするとファミリーセーフティのさまざまな設定や活動記録レポートが閲覧できます。

ファミリーセーフティ有効 / 無効 を選択します。
活動記録レポート有効 / 無効を選択します。
有効を選択するとPCの使用状況を収集します。
Webコンテンツの制限オンラインでアクセスできるWebサイトを制限します。
時間制限使用する時間帯を制限します。
ゲームおよびストアアプリの制限年齢区分またはタイトルで制限します。
デスクトップアプリの制限アプリを制限します。

関連記事(一部広告含む)