Windows 8 ユーザーアカウントとパスワードの設定

Last Update:

Windows8のユーザーアカウントとパスワードの設定方法を紹介します。

Windows8には「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」という2種類のユーザーアカウントがあります。

Microsoftアカウントとは、Windows8から採用された新しいユーザーアカウントで、Microsoftが用意したインターネット上のサーバーを利用する認証方法を使っています。

Microsoftアカウントを使えば、Microsoftが提供する無料オンラインストレージ「OneDrive」、クラウドサービス「Onenote」……などを使うことができるので、特に理由がない場合は「Microsoftアカウント」をおすすめします!

ユーザーアカウント

それでは、ユーザーアカウントの設定方法をみていきましょう。

「Microsoftアカウント」「ローカルアカウント」の追加から、ユーザーアカウントのアカウント名や画像、ファミリセーフティまで幅広く紹介していきます。

Microsoftアカウント

ローカルアカウント

ユーザーアカウントの設定

ファミリーセーフティ

パスワードとサインイン

次はパスワードの設定とサインイン方法をみていきましょう。

Windows8にはパスワードの入力を省略する自動サインインやピクチャパスワードなどの認証方法が用意されています。それらの設定方法などさまざまな設定方法や使い方をみていきましょう。

Windows8/8.1の使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ユーザーアカウント関連の人気記事

  1. Windows8/8.1に自動サインイン(パスワード入力を省略)する方法
  2. アカウント名の変更(Microsoftアカウント) - Windows8
  3. ユーザーアカウント画像を初期画像に戻す - Windows8
  4. Windows8/8.1 - アカウント名を変更(ローカルアカウント)する方法
  5. Microsoftアカウントの追加 - Windows8
  6. Windows8.1 Microsoftアカウントのパスワード変更
  7. ユーザー作業フォルダの変更 - Windows8
  8. ユーザーアカウントの画像を変更 - Windows8
  9. スリープ解除時のパスワード入力を無効に - Windows8
  10. Windows8へのサインインとサインアウト
  11. ファミリーセーフティの設定 - Windows8
  12. ファミリーセーフティ - Webコンテンツの制限 - Windows8

関連記事(一部広告含む)