今日の人気記事

  1. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する
  5. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録

ファミリーセーフティ - Webコンテンツの制限 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8で特定のユーザーアカウントがアクセスできるWebサイトを制限する方法を紹介します。

Webコンテンツのアクセスを制限するにはファミリーセーフティを有効にする必要があります。こちらを参考にまずは「ファミリーセーフティ」を有効にしましょう。
» ファミリーセーフティの設定

Webコンテンツの制限

windows8-family-safety-web-filtering-00
Webコンテンツに制限をかけたいユーザーのファミリーセーフティを有効にし、「Webコンテンツの制限」をクリックします。

windows8-family-safety-web-filtering-01
「○○さんは許可されたWebサイトのみ使用できます」を選択します。

windows8-family-safety-web-filtering-02
選択するとグレーアウトされた部分がクリックできるようになるので、「Webコンテンツの制限レベルの設定」をクリックします。

windows8-family-safety-web-filtering-03
Webコンテンツの制限レベルでは、年齢区分とコンテンツの種類によって、Webサイトの許可/禁止します。Webの制限レベルを選択しましょう。制限レベルの詳細は以下の通りです。

スポンサーリンク
  • 許可一覧のみ
    許可一覧のWebサイトのみ閲覧できます。
<
  • お子様向け
    許可一覧にあるWebサイトと、お子様向けのWebサイトを表示できます。
  • 一般的な内容
    許可一覧にあるWebサイト、お子様向けのWebサイト、および一般的な内容を取り扱うWebサイトを表示できます。
  • オンラインでのコミュニケーション
    許可一覧にあるWebサイト、お子様向けのWebサイト、一般的なWebサイト、ソーシャルネットワーキング、チャットなどを表示できます。
  • 成人向けのサイトを警告
    すべてのサイトを表示できますが、成人向けのコンテンツには渓谷を表示します。

「ダウンロードを禁止します」にチェックを入れると、ダウンロードができないようになります。

次に特定のWebサイトを許可/禁止する方法をみていきます。

windows8-family-safety-web-filtering-04
「特定のWebサイトを許可または禁止します」をクリックします。

windows8-family-safety-web-filtering-05
許可/禁止するWebサイトのURLを入力し、「許可」あるいは「禁止」をクリックします。

windows8-family-safety-web-filtering-06
クリックすると「許可/禁止されたWebサイト」に追加されます。特定のWebサイトを削除する場合は、該当URLを選択し「削除」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)