今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  5. Windows10 - Microsoftアカウントのユーザーフォルダ名を変更

アプリにファイアウォール経由の通信を許可/ブロック - Windows8

スポンサーリンク

デフォルトの設定では、ファイアウォール経由でアプリケーションが通信する場合「許可されたアプリ一覧にないアプリへのすべての接続をブロックする」ようになっています。

このアプリはファイアウォール経由の通信を許可したいけど、こっちはブロックしたい!

という場合のために、ここではWindows8で特定のアプリの通信を許可、あるいはブロックする方法を紹介します。

ファイアウォール経由の通信を許可/ブロック

windows8-firewall-block-program-00
「コントロールパネル」を起動します。

※ マウスカーソルを画面の左下へもっていき右クリックする(あるいは「Win」キーを押しながら「X」キーを押す)とクイックアクセスメニューが表示されるので、「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-firewall-block-program-01
コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows8-firewall-block-program-02
「Windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。

windows8-firewall-block-program-03
クリックするとファイアウォール経由の通信が許可されたアプリ一覧が表示されます。設定を変更するため「設定の変更」をクリックします。

スポンサーリンク

クリックすると許可されたアプリの一覧の設定が可能になります。

アプリの通信を許可

windows8-firewall-block-program-04
ファイアウォール経由の通信を許可するアプリにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

通信を許可したいアプリが一覧にない場合はアプリを追加しましょう。

windows8-firewall-block-program-06
右下の「別のアプリの許可」をクリックします。

windows8-firewall-block-program-07
クリックするとWindowsにインストールされているアプリ一覧が表示されるので、通信を許可したいアプリを選択し、「追加」をクリックします。

※通信を許可したいアプリが一覧にない場合は「参照」からアプリを選択しましょう。

アプリの通信をブロック

windows8-firewall-block-program-05
ファイアウォール経由の通信をブロックするアプリのチェックをはずし、「OK」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)