今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)

IPアドレス固定設定 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8でIPアドレスを固定に設定する方法を紹介します。

最近では、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)が自動的に動的IPアドレスを割り当ててくれるので、IPアドレスを手動で設定しなくても、ネットワークに接続することができるようになりました。

しかし、IPアドレスが動的に変動すると困る場合があります。LAN(Local Area Network)内で、IPアドレスベースでデータ通信が必要な場合など。

そういった場合には、PCに静的なIPアドレスを設定する必要があります。ということで、ここではIPアドレス固定方法を紹介します。

静的IPアドレスの設定方法

それでは設定方法をみていきます。

windows8-ip-address-static-setup-00
Windowsへサインインし、マウスポインターを左下へもっていき右クリックするとクイックアクセスメニューが表示されます。

表示されたメニューの中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-ip-address-static-setup-01
クリックするとデスクトップに移動し、コントロールパネルが表示されます。

windows8-ip-address-static-setup-02
コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」をクリックします。

windows8-ip-address-static-setup-03
「ネットワークと共有センター」をクリックします。

スポンサーリンク

windows8-ip-address-static-setup-04
「アクティブなネットワーク表示」項目の「接続:イーサネット」をクリックします。

windows8-ip-address-static-setup-05
クリックすると「イーサネットの状態」ウィンドウが表示されるので、「プロパティ」をクリックします。

windows8-ip-address-static-setup-06
「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

windows8-ip-address-static-setup-07
「次のIPアドレスを使う」を選択します。

windows8-ip-address-static-setup-08
以下のネットワーク項目を入力し、「OK」をクリックします。

・IPアドレス
・サブネットマスク
・デフォルトゲートウェイ
・優先DNSサーバー
・代替DNSサーバー(必要であれば)

関連記事(一部広告含む)