MENU

Windows 11 - IPアドレスを固定する方法

Windows 11 の IPアドレスを固定する方法を紹介します。

ネットワーク環境にもよりますが、大抵の場合IPアドレスは、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)によって自動的に割り当てられるようになっています。

※ DHCPによる自動割り当てでは、IPアドレスが変更される場合があるので、IPアドレスをベースとしたリモートデスクトップやファイルの送受信などを行う場合は、IPアドレスを固定しておいたほうが便利です。

IPアドレスは「設定」から簡単に固定(静的に)することができるので、ここではその方法をみていきます。

それでは実際に設定してみましょう。

IPアドレスを固定する方法は?

Windows 11 の IPアドレスを固定する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ① [Windowsロゴ] を右クリックし
    ② [設定] をクリックします。

  2. [ネットワークとインターネット] → [Wi-Fi(イーサネット)] を選択する。


    ① 設定の左メニューの [ネットワークとインターネット] を選択し
    ② [Wi-Fi] あるいは [イーサネット] をクリックしましょう。

  3. [ハードウェアのプロパティ] をクリックする。

  4. IPアドレスを設定する。


    IP割り当ての「編集」をクリックします。

  5. DNS設定を編集する。


    ① [自動] から [手動] に変更します。
    ②IPv4を「オン」にします。
    ③「IPアドレス」「サブネットマスク」「ゲートウェイ」「優先DNS」を入力し
    ④「保存」をクリックします。

  6. IPアドレスを確認する。


    最後に設定したIPアドレスを確認しておきましょう。

    これで固定IPアドレスへの設定は完了です。

Windows 11 の人気記事