MENU

Windows 11 – プロキシサーバーを設定する方法

Windows11で、プロキシサーバーを設定する方法を紹介します。

プロキシサーバーは、会社や学校などのネットワーク(内部)からインターネット(外部)接続する場合に経由する中継サーバーのことです。プロキシサーバーを経由することで、通信のデータ量を大幅に減らすことができます(ユーザーのアクセスがサーバーにキャッシュされているため)。また、[アクセス記録] [アクセス制限] の目的もあります。

ここではWindows 11でプロキシサーバーを設定する方法をみていきます。

プロキシサーバーを設定する方法は?

プロキシサーバーを設定する方法は次の手順です。

「設定」を起動する

[スタートボタン] を右クリックし、[設定] を起動します。

「ネットワークとインターネット」→「プロキシ」を選択する

設定です。
①左メニューの「ネットワークとインターネット」を選択し
②「プロキシ」を選択します。

プロキシ設定を自動的に検出する

[設定を自動的に検出する] を [オン] にすると、自動的にプロキシを検出してくれます。

WPAD(Web Proxy Auto-Discovery Protcol)というプロキシ設定を自動化する通信プロトコルを使って、自動的にプロキシを検出・設定してくれます。

セットアップ・スクリプトを使う場合

セットアップ・スクリプトを使う場合は [セットアップ] をクリックし

①[セットアップスクリプトを使う] を [オン] にし
②[スクリプトのアドレス] を入力し
③[保存] をクリックしましょう。

スクリプトのアドレスは環境やサービスによって異なるので、仕様書・ネットワーク管理者に確認しましょう。

手動でプロキシをセットアップする場合

手動でプロキシをセットアップする場合は [セットアップ] をクリックし

①[プロキシサーバーを使う] を [オン] にし
②[プロキシIPアドレス] [ポート] を入力し
③プロキシサーバーを使わないアドレスを入力します。エントリを区切るには [セミコロン] を使います。
④[ローカルのアドレスにはプロキシサーバーは使わない] にチェックを入れる/はずします。
⑤[保存] をクリックしましょう。

プロキシIPアドレス、ポート番号などは環境やサービスによって異なるので、仕様書・ネットワーク管理者に確認しましょう。

以上、Windows 11 でプロキシサーバーを設定する方法でした。Windows 11 の設定と使い方をまとめていますので、ご覧ください。また、ネットワークの関連記事もあわせてご覧ください。

Windows 11の人気記事