MENU

Windows 11 - Wi-Fiの自動接続を設定する方法(オン/オフ)

Windows 11 Wi-Fiネットワークの自動接続を設定する方法を紹介します。

Windows 11 を Wi-Fiネットワークに接続するとそのネットワーク情報は保存され、次回から自動で接続してくれます。そのため、Windows 11 を手動接続する必要はなくなります。

ただ、パブリックスペースでの「セキュリティで保護されていないネットワーク」や「電波の弱いネットワーク」に自動で接続されるのは、ちょっと困りますね。

Windows 11 の Wi-Fi 自動接続は [オン] [オフ] を切り替えることができるので、ここではその方法をみていきます。

Wi-Fiの自動接続を設定する方法は?(オン/オフ)

Windows 11 Wi-Fiの自動接続を設定する(オン/オフ)方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択しましょう。
  2. [ネットワークとインターネット] → [Wi-Fi] を選択する

    1. 設定の左メニュー [ネットワークとインターネット] を選択し
    2. [Wi-Fi] を選択しましょう。
  3. [既知のネットワークの管理] を選択する


    Wi-Fi の設定です。[既知のネットワークの管理] をクリックしましょう。

  4. [Wi-Fi] を選択する


    既知のネットワーク管理です。自動接続を設定したい [Wi-Fi] をクリックしましょう。

  5. [Wi-Fi の自動接続] を設定する(オン/オフ)


    [範囲内の場合は自動的に接続する] にチェックを入れる/チェックを外しましょう。

    • チェックを入れる:自動接続する
    • チェックを外す:自動接続しない

これで Windows 11 Wi-Fiの自動接続を設定する方法の解説は終了です。

コントロールパネルから設定する場合

コントロールパネルで、Wi-Fi の自動接続を設定する方法です。

  1. スタートメニューに [control] と入力し、[コントロールパネル] を起動します。

  2. コントロールパネルの [ネットワークの状態とタスクの表示] をクリックします。

  3. 左メニューの [アダプターの設定の変更] をクリックします。

  4. 設定を変更したい [Wi-Fi] を右クリックし、[状態] を選択します。

  5. Wi-Fiの状態です。[ワイヤレスのプロパティ] をクリックします。

  6. [このネットワークが接続範囲内に入ると自動的に接続する] にチェックを入れる/チェックを外し、[OK] をクリックしましょう。

これでコントロールパネルで Wi-Fiの自動接続を設定する方法の解説は終了です。

コマンドで設定する場合

コマンドで、Wi-Fi の自動接続を設定する方法です。

  1. スタートメニューに [cmd] を入力し、[コマンドプロンプト] 起動します。

  2. 次のコマンドを入力し、ネットワークのプロファイルを表示します。

    netsh wlan show profiles
  3. Wi-Fi の自動接続を無効にする場合は、次のコマンドを入力・実行しましょう。

    netsh wlan set profileparameter name="ネットワーク名" connectionmode=manual

    ネットワーク名には、先ほど確認した「ネットワークのプロファイル」を入力しましょう。

  4. Wi-Fi の自動接続を有効にする場合は、次のコマンドを入力・実行しましょう。

    netsh wlan set profileparameter name="ネットワーク名" connectionmode=auto

これでコマンドで Wi-Fiの自動接続を設定する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事