仮想メモリ(ページングファイル)の設定 - Windows8

Last Update:

Windows8で、仮想メモリ(ページングファイル)の設定方法を紹介します。

仮想メモリ(ページングファイル)とは、メモリのようにWindowsシステムに利用されるハードディスク領域のことです。システムが利用するメモリ容量が増大し、容量が足りなくなった場合に仮想メモリが利用されます。

ただし、メモリと比較するとハードディスクのデータ転送速度は、極めて遅いので、ページングファイルを利用しているときはシステムが全体的に重くなってしまうことがあります。そのため、頻繁にシステムが遅くなる場合は、メモリ不足が原因?かもしれません。

仮想メモリの設定

windows8-page-file-00
Windowsへサインインし、マウスカーソルを左下へ持っていき右クリックする(あるいは「Windowsキー」を押しながら「Xキー」を押す)とクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-page-file-01
コントロールパネルから「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows8-page-file-02
「システム」をクリックします。

windows8-page-file-03
システムの左カラムから「システムの詳細設定」をクリックします。

windows8-page-file-04
クリックすると「システムのプロパティ」が表示されるので、パフォーマンスの「設定」をクリックします。

windows8-page-file-05
クリックすると「パフォーマンスオプション」が表示されるので、上部タブメニュー「詳細設定」をクリックします。

windows8-page-file-06
仮想メモリの「変更」をクリックします。

windows8-page-file-07
デフォルトでは「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックが入っているので、手動設定する場合はチェックをはずします。

windows8-page-file-08
ページングファイルを「カスタムサイズ」「システム管理サイズ」「ページングファイルなし」から選択し、「設定」をクリックします。「カスタムサイズ」を選択した場合は、ページングファイルの「初期サイズ」「最大サイズ」を入力し、「設定」をクリックします。

設定完了後「OK」をクリックし、設定を反映します。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  6. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  7. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  8. コンピューター名の確認 - Windows8
  9. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  10. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  11. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  12. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  13. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  14. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  15. Windows8 エディションとバージョンの確認

関連記事(一部広告含む)