PowerShell ISEの起動 - Windows8

「PowerShell ISE(Integrated Scripting Environment)」とは、スクリプト言語「PowerShell」の統合開発環境です。

PowerShellは「秀丸」「サクラエディタ」「TeraPad」「メモ帳」などのテキストエディタで開発することもできますが、「PowerShell ISE」には、補完、デバッグ機能などの便利な機能が付いているので、こちらで開発するほうが効率的かもしれません。

ここでは、Windows8の「Windows PowerShell ISE」を起動する方法を紹介します。

PowerShell ISEの起動 - ファイル名指定して実行

windows8-powershell-ise-00
Windowsへサインインし、マウスポインターを画面の左下へもっていき右クリックする(あるいは「Windowsキー」を押しながら「Xキー」を押す)とクイックアクセスメニューが表示されるので、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

windows8-powershell-ise-01
クリックするとデスクトップに「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されるので、「powershell_ise」と入力し、「OK」をクリックします。

windows8-powershell-ise-02
クリックすると「Windows PowerShell ISE」がスタートします。

windows8-powershell-ise-03
これで起動完了です。

スポンサーリンク

PowerShell ISEの起動 - コントロールパネル

windows8-powershell-ise-04
クイックアクセスメニューから「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-powershell-ise-05
「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows8-powershell-ise-06
「管理ツール」をクリックします。

windows8-powershell-ise-07
「Windows PowerShell ISE」をクリックします。「Windows PowerShell ISE(x86)」もあります。

windows8-powershell-ise-08
クリックすると「Windows PowerShell ISE」が起動します。

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  3. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  4. PowerShell ISEの起動 - Windows8
  5. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  6. 電源ボタンの動作を設定 - Windows8
  7. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  8. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  9. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  10. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  11. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整
  12. シャットダウンと再起動のショートカットを作成 - Windows8
  13. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  14. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  15. Windows8のスコア(性能)を測定 - Windows エクスペリエンス インデックス

関連記事(一部広告含む)